笑顔のビジネスマンたち

仕手株とは、仕手筋という株価操縦を行う集団により、目を付けられた企業の株をそのように言い、株価が急騰し目標価格まで行けば、利益確定売りとなり一気に株価は急落します。
急落する前に空売りを掛ける仕手筋もあり、株価を吊り上げて売りで儲け、そこから暴落する相場に乗り空売りを掛けて、買いで儲けるという往復の手法で2重に設ける株操作のプロです。
仕手株のターゲットとなる企業の株を見つけるポイントをお教えします。
東証二部、東証マザーズ、ジャスダックなどの市場に多く、時には東証一部銘柄にもあるでしょう。
共通するポイントは、定位株で、当該企業の財務内容はあまり良くないということです。
2012年末アベノミクス相場以降、株価が伸び悩み、近々で値を上げだした銘柄、最低購入単元が1000株の銘柄で、業績のほかにファンダメンタル要素が無いまま、株価が上昇するような銘柄が仕手株となることが多いでしょう。
何の材料もなく株価のみが上昇し、1日の出来高が異様に高い銘柄が仕手株となります。
仕手筋は、膨大な資金を用意し、先行投資で資金を市場に流します。
株価上昇にあやかり、個人投資家が砂糖に群がる蟻のように仕手株に投資を行います。
目標価格までは、利益確定とせず、買い進めば、さらに一般投資家が買い増すことで値を吊り上げます。
価格目標になれば、一気にすべての株を売り払い、同時に空売りを掛けます。
これにより、一般投資家から資金を吸い上げます。
仕手株で儲けるのであれば、売りがポイントとなります。
急上昇を始めた初値から20%上げたところで売りとし、その後その株には手を出さないことが良いでしょう。
仕手筋が手を引けば、しばらく株価上昇がないことが多いでしょう。