仕手株になりやすい銘柄

色々なグラフ

仕手株になりやすい銘柄は過去に投資顧問といわれるような仕手集団や特定の投資ファンドといわれる筋にターゲットにされた銘柄で発行済み株式総数が7000万株以下の中小型株の貸借銘柄です。
そもそも仕手株とは、一般の株のように企業業績によって株価が変動するのではなく、あくまでもその銘柄の需給関係のみで株価が決定する銘柄のことを指します。
よって業績の裏付けがありませんので、最終的には誰かがババをつかまされることになります。
前述した発行済み株式総数が7000万株以下の中小型株がターゲットというのは、発行済み株式総数が少なければ大型株と比較してある程度まとまった株数の買いや売りを入れれば株価の変動に大きな影響を与えることができるからです。
例えば大型株を成り行きで10万株程度買いを入れても株価にはさほど変動しませんが、中小型株ならそのときの板の状況にも左右されますがかなり大きな株価変動インパクトを与えることができます。
貸借銘柄であることの理由は、仕手株が需給関係だけで株価が変動するのですから実体のない株価にはセミプロの投資家や証券会社の自己売買部門から「信用売り(空売り)」が入ります。
もちろん、「信用買い(空買い)」も入りますが、この信用買いをしている買い方が、信用で買っている株を現引き、即ちお金を支払って現物株に切り替えてしまうと、空売り残のみが取り残されて、信用の貸借倍率が偏ってしまい、空売りをしている売り方は、逆日歩といって本来買い方から受け取る金利を逆に買い方に支払う羽目になるのです。
当然、売り方はこれを嫌がって損を承知で株を買い戻して手じまいます。
そのとき膨大な買戻しの買い注文が発生して現引きをした買い方は膨大な利益を得られるのです。
過去、このような仕手戦の対象になった銘柄で、かつ中小型株で貸借銘柄の株は仕手株になりやすい銘柄と言えます。